育児

【ワンオペ育児】ママ1人でこども2人とお風呂に入る時のやりかた

ママ

もう少しで下の子が生まれるけど、お風呂大変だよなぁ。

子供2人を私一人で入れるにはどうしたらうまくできるかな?

そんなママさんに向けて書きます。

ワンオペのお風呂タイムはつらい

毎日入るお風呂ですが、パパが仕事で帰りが遅かったりすると、ママ一人で入れなければいけません。

家事や育児や仕事の疲れがたまった1日の終わりにやってくる、入浴タイムは、寝かしつけ前の大仕事です(笑)

準備をしっかり

お風呂あがりはバタバタするので、事前の準備がとても大事。

【着替えをする部屋】

  • エアコンで適温にしておく
  • 着替えなどを置いておく
  • カーテンを閉めておく(裸のままウロウロすることもあるので笑)

【お風呂グッズ】

  • ベビーバス
  • ベビーと子供のおもちゃ
  • ガーゼ、泡立てネット

【ベビーの準備】

  • 入浴後に飲ませるもの(湯冷まし・麦茶・ミルクなど)
  • オムツ
  • 肌着
  • パジャマ or ロンパース
  • ベビーミルクなどの保湿剤
  • ベビー綿棒とティッシュ

【上の子の準備】

  • オムツ(卒業後ならパンツ)
  • 肌着
  • パジャマ

【ママの準備】

  • アイメイクなど濃いメイクの時は専用リムーバーで落としておく(または、先にメイクだけ落としておく)
  • 下着
  • パジャマ
  • タオルドレスやバスローブ
  • スプレー式化粧水
  • ボディミルクなど

これらとバスタオルを準備します。

我が家は、お風呂が2階のためお風呂から出たら寝室に行って、布団の上でお着替えなどをしています。

気をつけること

子供が小さいと思わぬ事故が起こる可能性があります。

  • 石鹸などの泡で滑って転ぶ
  • 自分で浴槽に入ろうとして落ちる
  • 浴槽に入っている時に誤って転んで溺れる

こんなことを防ぐためにすることは、

  • お風呂の扉は開けたまま入る(脱衣所が見えるように)
  • 子供だけで浴槽に入っている時は目を離さない
  • 小さいうちは、浴槽へは抱っこして入れてあげる
  • 湯量は少なめで

下の子を脱衣所で待たせる場合は、常に脱衣所が見えるようにします。

浴槽の湯量は少なめにしておいた方が安全です。

何で洗う?

こどもたちを何で洗うのかについてです。

ベビー(新生児〜1歳過ぎごろ)

固形のベビーせっけんを使い、泡立てネット(100均でも)で泡立ててから、優しく洗います。

耳の中や目のまわりはガーゼで優しくなぞります。

1歳過ぎ〜幼児

1歳過ぎて、肌トラブルがなければ全身用の、泡で出るボディソープに切り替えています。

スポンジに泡をつけて洗ってあげます。

上の子は5歳・6歳なので自分で洗わせています。

シャンプーとボディで別れて売っているのもありますが、全身用なら一本で済むので楽ちんです♪

①下の子が新生児

下の子が新生児の場合は、台所でお風呂をしていました。

時間は昼間にベビーの授乳時間に合わせるのが◎。

このベビーバスは安いし、台所シンクに置けるので、腰が痛くならずお勧め。

この場合は、ベビーのお風呂は終わっているので、夜は脱衣所にベビーを待たせて、上の子とお風呂に入ります。

待たせる時もベビーバスの中に寝かせていました。

こんなイメージ。(頭の下にもタオル入れてました)

バウンサーがあれば、それでもいいし、寝返りをうつ前なら、足ふきマットや座布団の上にバスタオルを敷いて寝かせても。

②下の子が2ヶ月〜寝返り前

わたしは赤ちゃんが2ヶ月ごろから大人と一緒にお風呂に入れています。

寝返りする前までは、こんな手順でした。

  1. ベビーは脱衣所で待たせる(オムツだけにしてバスタオルでくるんでおく)
  2. ママと上の子で入る
  3. 上の子を洗う
  4. 自分を手早く洗う(上の子は立たせておく)
  5. 上の子を浴槽へ入れる
  6. ベビーを洗う
  7. ベビーと一緒に浴槽へ入る
  8. 少し温まったら出る
  9. 上の子をふく
  10. ベビーをふく
  11. 自分は化粧水をシューっとして、タオルドレスを着て、フェイスタオルを肩にかける
  12. ベビーをタオルでくるんで、みんなで寝室(着替える部屋)へ
  13. ベビーのオムツ・保湿・着替え・耳掃除
  14. 上の子はオムツと保湿だけやって、できないところは手伝う(ベビー優先で)
  15. 最後にママが着替える
  16. みんなの髪の毛を乾かす
  17. 水分補給

下の子は待機させておいて、最後に洗って終わるようにします。

冬場は寒いので、肌着とロンパースのボタンを外して羽織らせたまま、バスタオルでくるんで待たせていました。

お風呂あがりの時短グッズ

ママにおすすめな時短グッズです。

とにかくお風呂あがりは体を拭いている時間も惜しいので、このタオルローブを着て、フェイスタオルを肩にかけておく。

冬は寒いので、これを着た上にパーカを羽織っています。

バスローブもありますが、夏は暑いので、このタイプがわたしはおすすめ。

化粧水はスプレーかミストタイプが便利です。

お風呂が終わって一段落したら、もう一度化粧水と乳液をつけています。

③下の子が寝返り後〜はいはい・つかまり立ちごろ

寝返りができると動くようになるので、ベビーも最初から一緒に入るようにします。

バウンサーやベビーラックに、ベルトをして寝せておくのもできますが、うちは嫌がってギャン泣きなのでダメでした(笑)

  1. みんなでお風呂場の中へ
  2. 上の子を洗う、立ったまま待たせる(3〜4歳ごろなら先に浴槽に入れて様子を見つつ、遊ばせておく)
  3. 自分を洗う
  4. ベビーを洗う
  5. 浴槽へ入る
  6. 以下略(さっきの手順8以降と同じ)

手順2の解説

「ベビーはバスの中に寝かせ(座らせ)遊ばせておく」のイメージ。

ベビーバスを洗い場において、少しだけ(足元のほうだけ)お湯を入れて、おもちゃを少し浮かべておきます。

または、ベビーチェアに座らせておく方法もあります。

わたしは、洗いにくいのと、カビが生えたりするのも嫌なので、今まで一度も使っていません。

このおもちゃは重ねて収納できて、場所をとらないし、浮かべたり、水を垂らして遊べるから使ってます。ベビーがかじっても大丈夫。

浴槽には、(上の子用に)お祭りで取ってたくさんある、イルカやタコなど海のいきものたちの水でっぽうのやつを適当に浮かべてます(笑)

つかまり立ちを始めたら注意

上で言ったように、ベビーバスで遊ばせて待機させてたのですが、ハイハイが上手になってつかまり立ちもするようになると、ベビーバスから脱走するようになりました( ̄▽ ̄)

それからは、ベビーバスは使わずに湯船のフチに捕まってた立ったり、洗い場に座ったりした状態で待たせています。

床に流れる泡でつるんと転んだり、湯船をのぞき混んで落下したりすることもありますので、絶対にベビーから目を離さないでください!

④ヨチヨチ歩き〜

1歳あたりからヨチヨチ歩きが始まります。

こうなったら、先ほどのつかまり立ち以降のやり方と同じです。

⑤3歳ごろ〜

3歳ぐらいになると、自分でお着替えをしたり、オムツが外れたりしてできることが増えますよね。

自分の体や頭を洗う、シャワーを使って泡を流す、といった練習を少しずつ始めましょう。

子供が自分で洗えるようになると、ママの負担もグッと減ります。

また、5歳ぐらいからは、自分で髪の毛を乾かす練習をしています。

小さめの旅行用ぐらいのドライヤーを買って、わたしがベビーのお着替えなどをしている時に、自分の髪を乾かしておいてもらいます。

あとは、仕上げに少し風を当てればいいだけなので、だいぶラクですよ。

生理のときはもっとしんどい

生理の時は本当に大変ですよね!

わたしはこうしています。

自分も洗う場合

いつもと同じように、自分も一緒に入って洗う場合は、タンポンを入れて入ります。

量が減ってきたら、そのまま入ってしまう時もありますが、お湯に使った時に経血がもれるのが気持ち悪いので(^^;

子供だけ洗う場合

量が多かったり、体がだるかったら子供だけ洗います。

もうシャワーだけでいいです(笑)

上の子洗う、下の子洗う、終了。

自分はベビーをベビーベットやベビーサークルに入れて、上の子にはYouTubeなどを見せておき、手早くシャワーを浴びます。

髪の毛を乾かすのは子供たちがいるところで。

最短で済ませます。

▶︎ブルーデーの乗り切りかた

パパがいる日はラッキー

パパがいるなら、手伝ってもらいましょう。

パパに子供たちを洗ってもらい、お風呂上がりの着替えのみママがやる。

みんなが出たら、子供たちを見ててもらって、ママ一人でのお風呂タイム♪

長風呂してやりましょう♪

以上、子供のお風呂の入れかたでした。