保育園・学童

学童に入れないときのこどもの預け先は?ママができる7つの選択肢

保育園ママは子供が小学校に上がると、預け先は学童クラブになります。

しかし、今や学童でも希望者が多く入れないことが。

実際私の長女も4月には入れませんでした。

そんなときにこどもの預け先はどうすればいいかをまとめました。

この記事でわかること
  • 学童に入れないときのこどもの預け先
  • こどもの預け先が見つからないときの選択肢

さっそくですが、結論はこちら。詳細はつづきをご覧ください。

学童に入れないときの7つの選択肢

  • 【だれかにみてもらう方法3つ】①じーじやばーば、②ファミサポ、③シッター
  • 【だれにもたのまない方法4つ】①一人で留守番、②時短勤務、③パートに転職、④退職する

学童に入れない!放課後のこどもの居場所は?

こどもを学童に預けられないときにどうすればいいのでしょうか。

まずは、「誰かにみてもらう方法」が3つ。

誰かにみてもらう
  1. じーじやばーばに頼む
  2. ファミサポを頼む
  3. シッターを頼む

それぞれ解説します。

誰かにみてもらう① じーじやばーばに頼む

近くにママやパパの両親がいるなら、こどもを見てもらえないか聞いてみましょう。

その場合、自宅のすぐ近くなら子供がそこへ行くか、鍵を渡して自宅にきてもらい見ていてもらうかになりますね。

わたしは徒歩圏内に実家があるので、「学童に入れるまでのあいだ」という約束で両親に頼んでおきました。

誰かにみてもらう② ファミサポを頼む

多くの自治体に「ファミリーサポートセンター」というものがあります。

仕事と育児を両立できる環境づくりのために、センターが子供を預けたり育児を手伝ってくれたりする人(=会員)を紹介してくれて、保育施設の送迎や放課後の預かりなどをしてくれます。

うちの自治体の場合、料金は1時間あたり500円〜700円です。

仮に下校後、週5で1日3時間ずつお願いした場合、約1ヶ月(4週間)で 安い方でも30,000円(税込)です。

(参考:娘の学童クラブ 12,000〜13,000円/月・税込)

ファミサポを受けるには
  1. 入会説明会に参加
  2. 写真付き申込書を提出→承認後、会員となる
  3. 希望の預かり時間などを出し、都合のあう会員さんを紹介してもらう(利用前に講習を受けないといけない)

私は利用したことがありませんが、子供を連れて説明会に出たり、申し込み手続きや講習を受けるのが少し手間なのと、必ずしも都合の会う人がすぐ見つかるとは限らないんじゃないかと思います。

でも、どうしても預け先がない方には助かりますね。

誰かにみてもらう③ シッターを頼む

シッターさんを頼む方法です。

シッターさんはベビー〜幼児ぐらいまでが多いイメージですが、7歳〜でもOKな場合もあります。

ただ、料金は1時間1,000円台からなのでなかなか現実的ではないですね(^^;

▶︎シッターさんの派遣・キッズライン

頼れる人がいない、お金もかけたくないママはどうする?

近くに頼れる身内がいなかったり、高いお金を払いたくないという人には「誰にも頼らなくていい方法」が4つあります。

誰にも頼らなくていい
  1. 一人で留守番させる
  2. 時短勤務にする
  3. パートに転職する
  4. 退職して専業主婦になる

誰にもたよらなくていい方法① 一人で留守番させる

放課後の留守番って何歳からできるんでしょうか?

ついこないだまで、幼稚園や保育園に通っていたのに急に一人で留守番は難しいし、親はとても心配ですよね。

いきなりやるのは怖いので、週末などスーパーに行く間など短時間のお留守番からトレーニングしてみる。

大丈夫そうなら、家の中にモニターを付けて、仕事中もチェックできるようにしておく、キッズケータイを持たせて何かあったらすぐ連絡が取れる状態にしておく、などの対策をした上で、お留守番させることはできるかもしれません。

知り合いのママで、息子くんに1年生から1人で留守番できるようにトレーニングする、と言っている人がいました。

びっくりですよね。

低学年のうちは一人での留守番は難しいでしょうし、おすすめはしません(><)

誰にもたよらなくていい方法② 時短勤務にする

多くの会社では、時短勤務制度は「小学校入学前まで(未就学のあいだのみ)」であることが多いようです。

でも、もし時短勤務にできるならお給料が減るとしても、子供が帰ってくる頃に家にいれる方が安心ではないでしょうか。

そもそも時短ができるのかわからない人は、人事の方に確認してみてください。

誰にもたよらなくていい方法③ パートに転職する

もし、下の子がまだ保育園児の場合は、仕事をやめるとまた数ヶ月以内に再就職しないと退園しなければなりません。

そのため、保育園対策としても、仕事は続けないといけない。でも、遅くまでは働けないとなると、パートの仕事に転職するのも手です。

実際、私のママ友さん(パート勤務)でも、子供は学童には行かせず、子供の下校時間に合わせて勤務時間を減らす人がいました。

また、夏休みなどの長期休暇のあいだは、その期間だけ学生バイトを雇うので、まるまる仕事を休めたりするらしく、フレキシブルな職場でとてもうらやましかったです。

誰にもたよらなくていい方法④ 専業主婦になる

今まで紹介した方法すべてができない、となったら仕方がありません。

ワーママとして走ってきたのですから、これを機に一度仕事をやめて休んでも良いのではないでしょうか

毎朝子供を見送れるし、帰るころにも家で「おかえり」と迎えられるのは一番理想的です。

また、仕事をしないことで、放課後に習い事をすることができるし、送り迎えも柔軟に対応できますよ。

ただし、その分収入が減ってしまうので、退職する前にパパとよく話し合って決めてくださいね。

学童に入れない時はいろいろな選択肢を吟味して

今や学童でも毎年待機児童がでる時代です。

学童に入れなかったときは、まず「だれかにみてもらう」ことができるかを検討し、だめならば「誰にもたよらない方法」について考えていきましょう。

場合によっては、退職せざるをえないこともあるかもしれませんが、それが納得した選択であることを願っています。

学童に入れないときの7つの選択肢

  • 【だれかにみてもらう方法3つ】①じーじやばーば、②ファミサポ、③シッター
  • 【だれにもたのまない方法4つ】①一人で留守番、②時短勤務、③パートに転職、④退職する