育児

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)の使用レビュー【口コミまとめも】

こどもって、熱がなくても一年中鼻がでますよね。でも、小さいうちは、鼻をかませたくても、「ふーん」とできないからティッシュでふくくらいしかできず、なかなか良くならない。

そんななか、家庭用の鼻水吸引器の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

この記事でわかること
  • 鼻水吸引器にはどんなタイプがあるか
  • ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)を3年使ったレビュー
  • ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)のお手入れ
  • ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)口コミ

さっそくですが、結論はこちら。詳細は記事のつづきをご覧ください。

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)について

  • デメリットは吸引力が弱い、電池の消耗が早い
  • メリットはお手入れが簡単、場所と取らない、持ち運べること
  • メルシーポットと同じメーカーが作っている
  • 赤ちゃん〜幼児がいる家庭には必須アイテム

鼻水吸引器って買わなきゃだめ?

正直鼻水吸引器は絶対必要ではありません。全然風邪をひかない丈夫な子や自分で鼻がかめる年齢の子には使わなくていいからです。でも、赤ちゃん〜未就学児がいる家庭なら1台はあって損はしません。特にワーママにとっては1台はあると強い味方になります。

鼻水吸引器を使う理由
  • こどもがまだ一人で鼻をかめないから
  • 風邪が悪化して長引いたり、中耳炎になるのを防ぐため

こんな理由から、鼻水吸引器を使ってます。

長女は、中耳炎を多発していた時期があり、風邪から始まって鼻水がよくならないなと思ったら、そこから中耳炎になってしまうことも。鼻水吸引器を買うきっかけにもなった体験でした。

鼻水吸引器があればドロドロした鼻水も、だらだらたれてくる水っ鼻も、全部すっきりとれるんです。

鼻水吸引器にはどんな種類があるの?

鼻水吸引器は、西松屋やベビザラスやドラックストアにたいてい置いてありますが、どんな種類があるかというとこちら。

  1. スポイトの原理で吸う手動タイプ
  2. ストローの原理で口で吸うタイプ
  3. 電動タイプ

このような種類があり、わたしはすべてのタイプを使ってきました。

鼻水吸引器① スポイトの原理で吸う手動タイプ

たとえばこんな感じもの。

ピジョン 鼻水吸引器 ドクターはな吸い器 鼻水 吸引器 手動ポンプ式 シリコーゴム pigeon 片手 赤ちゃん 子供 鼻づまり ベビー 0ヶ月

スポイトの原理で、空気が入るときに鼻水が吸えるというもの。でも、吸引力は強くないのでほとんど吸えませんでした。

鼻水吸引器② ストローの原理で吸う手動タイプ

これは、先がとがっているほうを子供の鼻にあてて、ママが息を吸うと、こどもの鼻水がとれるというもの。思いっきり息を吸っても、なかなかうまく取れず酸欠になるだけで使えませんでした(^^;

鼻水吸引器③ 電動タイプ

これがわたしが使っているタイプ。人気のメルシーポットのように長いノズルの置き型タイプとハンディタイプの2種類があります。

最近はベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)を使用中。

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)を選んだ理由

鼻水吸引器といえば、長いノズルのメルシーポットが一番有名ですが、なぜハンディタイプを選んだのか。

  • 置き場所に困らない
  • 持ち運びができる
  • お手入れが簡単

この3つがポイントでした。

  • 500mlのペットボトルを細くしたぐらいのスリムさ
  • 重さは本体のみで196g

本体はリュックの脇のオープンポケットに余裕で入るほどスリムで軽い。

先ほども書いたように、長女が風邪→中耳炎になった経験もですが、持ち運びができることを重視して選びました。

毎年恒例で、年末年始はパパの実家に帰省しているのですが、そのころって急に寒くなって風邪気味になることが多いんです。ほぼ毎年のように小児科でもらった薬を持っての帰省。

鼻水もだらだら出ていて、ティッシュでふいてもキリがないくらい。そんなときに、鼻水吸引器があったら便利ですよね。

いまでは、帰省のお供に必ず連れていって、お風呂上がりや鼻水がひどい時にささっと吸ってあげられるので、とても重宝しています。

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)の使いかた

使い方はめちゃくちゃ簡単。鼻にあてて、スイッチを押すだけ。

いつも仕上げみがきをする時のように、両足でがっちり固定。1歳の長男は嫌がって暴れるので、この体勢です。

うまく吸えないときは、こちら。

  • 鼻の穴の根本を押さえて、空気が入らないようにする
  • ノズルの角度(左右・上下)を変えてみる
  • 電池を変えてみる
  • 一度洗ってから再度試してみる
  • ロングノズルに変更する

初めは、コツがつかめるまでやりずらいかもしれません。空気が入ってしまうと、スースーいうだけで全然吸えませんので注意。鼻の穴の向きは個人差があるので、うまく吸える角度を探します。

本体の吸引力があきらかに、落ちていたら電池交換をしてみてください。だいたい復活します。また、すでに吸った鼻水が吸引器の中にたまっている時も吸いづらくなるので、一度洗ってから使うと良いですよ。

それでもどうしても吸えない場合は、ロングノズルを試してみては?

鼻水吸引用 透明ロングシリコンノズル ボンジュール プラス 【ベビースマイル・メルシーポット用】 [メール便OK]

このノズルは通常のものより長いので、鼻の奥の穴に直接届き、吸いやすくなります。

「ロングノズルでよく取れた」というレビューも多数。はじめから、これを買えばハンディタイプでも鼻水を吸うのに苦労しないかも?

(特に小さなお子さんにはセット購入が推奨されています)

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)のお手入れ

ベビースマイルの電動鼻水吸引器のお手入れはとっても簡単。

  1. パーツをばらす
  2. 本体を洗う
  3. 小パーツは洗剤をかけて、少し置いてから洗う
  4. しっかり乾燥させる

小さいボウル(小皿でも)に先端パーツを外した本体をつけて、パシャパシャすると、溜まっていた鼻水が取れます。

水を入れ変えて、スイッチをONにしたままノズルの先端が少しつかるくらいに入れると、横の穴から水がでてきます。

先端の細かいパーツは、2つに分けて、キュキュットの泡スプレーをし数分放置後、洗い流す。よごれが取れないところは、ようじでかきだすときれいになりますよ。

キッチンペーパーの上に置いて乾燥させます。またすぐ使うときは、水分をしっかりふきとるのを忘れずに。

ズボラな私でもここまでやって10分くらいです。パーツもシンプルだし、洗いやすいし最高♪

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)の口コミ

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)の口コミを調査しました。

まずは悪い口コミから。

メルシーポットヘビーユーザーですが、いろいろ準備が面倒なのでお手軽そうなこちらをためしに購入。
やっぱり吸引力が物足りないので風邪っぴきのずるずる鼻水は十分には吸えませんでした。。
手前の鼻水をちょっと吸うのにはいいかも??

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i0ze0-2oha_2_1383404696/?l2-id=review_PC_il_body_05

メルシーポットが良かったので携帯用にと思って購入しましたが全くといっていいほど吸いません。
色々角度を変えたり自分で試したり、ノズルを変えたりしましたがほぼ吸わないです。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i0n25-vr6p_1_1606795775/?l2-id=review_PC_il_body_05

以前に据え置き型を使っていたので、やはり比べると吸引力は弱く感じます。でも電池をマメに交換すればちゃんと鼻水は吸えます。電池の消耗は早いです。でも持ち歩いたり、家中どこでもすぐに使えるのでそれは便利です。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i0zet-yujd_1_1438830158/?l2-id=review_PC_il_body_05

次に良い口コミを。

今まで手動のものを使ってましたが、携帯型なのと安かったので購入してみました。使い勝手もよく、鼻の奥のネバネバもしっかりとれて助かってます。
電池がなくなるのが思っていたより早いのがマイナス点かなと思いますが、他は満足です。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i0z1r-2gf1_2_1356760909/?l2-id=review_PC_il_body_05

二人目用に購入。一人目で使っていた旧型のメルシーポットは吸引力はありましたが、手間がかなりかかるのがストレスで、今度はハンディタイプにしました。
結果、正解でした。洗浄もとても簡単ですし、使いたいときにすぐにささっと使えるのが便利です。吸引は上手くいけばそれなりにとれます。手軽に使えるのが何より良かったです。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i0zf4-bqs5_2_1463470700/?l2-id=review_PC_il_body_05

4ヶ月の子の鼻水に使用。病院で取ってもらうほどはパワーはないけど、中々綺麗に取れます。最初はギャン泣きだったけど、最近は慣れてきたみたい。
1人でやる時は手で邪魔されるので、おくるみで軽く両腕を固定して、頭を自分の両膝で挟んで片手は本体、片手はチューブで細くしたり角度を色々変えてみると面白いくらい取れました。
場所も取らないしオススメです。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/209495_10061629/1mqh-i04qq-9fk1e_1_931123117/?l2-id=review_PC_il_body_05

まとめたのがこちら。

悪い口コミ
良い口コミ
  • 吸引力が弱い
  • 電池の消耗が早い
  • 手動のものよりは良い
  • お手入れが簡単
  • 場所を取らなくて良い

メルシーポッドなどの置き型に比べると、小型なぶん吸引力が弱くなってしまうのは否めません。

たまに耳鼻科で鼻水を吸ってもらいますが、もちろん家庭用のためそれほどの力はないです。

しかし、手動の鼻水吸引器を使っていた人からすると、「吸うのがらくになった」という意見が。

手動の鼻水吸引器を使用中だけど、うまく吸えなかったり口で吸うタイプで疲れてしまうという人には電動式デビューとして良さそうですね。

また、数回で壊れたとの口コミもありましたが、私は2年間結構使っていますが変わりなく使えています。

何かあればお客様サービスセンターがあるので安心ですよ。

電動鼻水吸引器はママの必須アイテム

冒頭で、「鼻水吸引器は絶対必要ではない」と書きましたが、1つあると安心。

耳鼻科の診察時間外や休診日でも、家でささっと吸ってあげられる、症状を悪化させないで済む、という理由からです。

子供が鼻水がひどくなった時に慌てなくていいように、寒くなる前に買って用意しておくのがおすすめです。

最後にもう一度まとめると、

ベビースマイルの電動鼻水吸引器(ハンディタイプ)について

  • デメリットは吸引力が弱い、電池の消耗が早い
  • メリットはお手入れが簡単、場所と取らない、持ち運べること
  • メルシーポットと同じメーカーが作っている
  • 赤ちゃん〜幼児がいる家庭には必須アイテム

【公式】電動鼻水吸引器 ベビースマイルS-303NPボンジュールセット【送料無料】 鼻水 吸引機 痰 電動 鼻 吸い 器 子供 赤ちゃん ベビー 出産祝い 男の子 女の子

【公式】メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)【送料無料】出産祝い、赤ちゃんギフトに 鼻水 吸引機 痰 電動 鼻 吸い 器 子供 赤ちゃん ベビー 出産祝い 男の子 女の子