育児

【初めての幼児教育ならこの二択】こどもちゃれんじと幼児ポピーを比較してみた

幼児教育といえば、有名なのはしまじろうでおなじみの「こどもちゃれんじ」。もうひとつの選択肢としてのおすすめは手頃な受講料で始めやすい月刊「幼児ポピー」です。

わたしは子供たちにどちらもやらせたので、その違いについてまとめました。

こどもの家庭教育についてどうするか迷っている人の参考になるよう、わかりやすく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • こどもちゃれんじと幼児ポピーの違い
  • こどもちゃれんじはこんな人におすすめ
  • 幼児ポピーはこんな人におすすめ
  • 兄弟がいる場合におすすめの受講方法

こどもちゃれんじと幼児ポピーの違いを表にしてみた

こどもちゃれんじと幼児ポピーの2つはどう違うのでしょう。

(こどもちゃれんじbabyはのぞき、幼児コースの内容を比べてみました。)

※受講料や教材の内容は2021年2月現在のものです。最新の情報は公式HPをご参照ください。

教材名こどもちゃれんじ幼児ポピー
受講料(月額)1,980円〜(税込、12ヶ月一括払いの場合)980円〜(税込)
歴史1988年〜45年以上前から
ドリルの難易度やさしい〜標準レベル
思考力特化コースは難易度高め
やさしい〜標準
(こどもちゃれんじよりやや簡単という意見も)
有料オプションプログラミング、サイエンス、知育、読み聞かせ年長はドリルセット購入可(なつドリるん、しあげドリるん、おうちでドリル)
付録プラスチックのエデュトイやDVD
思考力特化コースはエデュトイ1個
紙かデジタル教材
先取り受講
1歳下のコースの受講(あと戻り受講)
最短受講期間2ヶ月
※キャンペーン時のぞく
2ヶ月
※キャンペーン時のぞく
紹介制度
休会✖️ 
自動継続
退会方法電話のみ電話のみ
退会締め切り退会希望の前月5日まで最終受講月の2ヶ月前の20日まで
こどもちゃれんじと幼児ポピーのちがい

このようになりましたが、ポイントごとにくわしく解説していきます。

受講料だけで比較するのはNG

まず大きな違いは受講料です。

月額で1,000円ほど違うので、年間で12,000円変わってきます。ただし、こどもちゃれんじはこどものモチベーションを上げやすい、エデュトイやDVDがついてきます

付録がほぼない幼児ポピーとは届く教材のボリュームがちがいます。

また、こどもちゃれんじには、保育園・幼稚園・家庭保育などこどもの状況によって選べる通園タイプがあったり、教材の難易度別に総合コースと思考力特化コースがあったり、基本の受講料でもこれだけ教材のバリエーションが豊富です。

有料オプションとしては、こどもちゃれんじは4種類の1年分の追加教材があるのに対して(1ヶ月あたり税込545円〜×受講月数の一括払いのみ)、幼児ポピーは別冊のドリルを販売している、というだけ。

よって、受講料だけではなく、内容よく見て考える必要があります

「ドリルとワークの冊子だけで、付録はいらない」、「手頃な料金で継続していきたい」というママは、幼児ポピーが合いそうです。

幼児ポピーを見る >>

こどもちゃれんじを見る >>

こどもちゃれんじとポピーの受講ルールのちがいは?

つぎに受講ルールのちがいを見てみましょう。

継続して学ぶことを前提としているため、最短受講期間はいずれも2ヶ月で「退会の連絡がなければ、ずっと教材が送られてくるシステム(自動継続)」です。

両方とも、1年先取り学習も1年下の教材を選んでも大丈夫。

唯一の違いは、休会ができるかどうか

たとえば、こどものモチベーションが下がって全然取り組めていないから少し休みたいとか、予算の都合で数ヶ月休みたいとか、という場合に休めるのが幼児ポピー。

一方こどもちゃれんじの場合は、少し休んでまたやるとしても一度退会しなければいけません。

もちこ

休会制度があると安心かも。

そのほか、紹介制度や退会方法は同じですが、退会連絡締め切り日は少し違います。

例:6月に退会したい退会連絡締切日
こどもちゃれんじ5月4日までにTEL
幼児ポピー4月20日までにTEL
こどもちゃれんじと幼児ポピー退会連絡締め切り

これは教材の発送手配の都合だと思いますが、こどもちゃれんじは「退会希望する月」、幼児ポピーは「最終受講する月」から起算となります。

  • こどもちゃれんじは「いつやめたいか」で考える
  • 幼児ポピーは「いつまで受けたいか」で考える

幼児ポピーのほうが締め切りが早いので注意してください。

受講ルールはほぼ同じ。ポピーのみ休会ができて便利だが、退会連絡の締切日が早い。

兄弟がいるなら上の子がこどもちゃれんじ、下の子が幼児ポピーがいいかも

うちの場合こうでした。

長女ちゃれんじ入会→紹介制度で次女ちゃれんじ入会→2人ともちゃれんじ退会→次女のみ幼児ポピー入会

紹介キャンペーンのおまけがもらいたくて、姉妹で時差でちゃれんじに入会。次女が年中になるころ、長女が使っていたエデュトイ(ひらがななぞりんなど)がまだ使えるので、「また同じものをもらっても…」と思い、教材はポピーに変更。

ひらがな練習はポピーのドリるんとこどもちゃれんじのひらがなぞりんでほぼマスターできています。

ひらがな学習は教えるのに根気がいるし親も大変ですが、こどもちゃれんじのエデュトイならこども一人でゲーム感覚でできるのでおすすめです。

こどもちゃれんじの特定のエデュトイがほしいなら、そのエデュトイがもらえる頃に最短2ヶ月受講すれば、GETできます。その後は退会してポピーに切り替えるという手もありですね。

もらえる時期などは下記リンクの年間ラインナップより確認できます。↓

【こどもちゃれんじ】

もちこ

ひらがななぞりんはほんとおすすめなので、ぜひチェックしてみて。

「上の子がこどもちゃれんじをやっていたら、下の子がその年齢になるころにはポピーにしてもいいんじゃない?(エデュトイ同じもの来るし)」、と言いましたが、逆に上の子がポピーだったら、紹介制度で下の子もポピーにするか、下の子はこどもちゃれんじをやらせるのもありです。

こどもに合うかどうかや予算も家庭によって違うと思うのでこのやりかたが絶対良いとは一概には言えませんが、参考にしてみてください。

こどもちゃれんじが向いている人、幼児ポピーが向いている人は?

わたしが考える向いているひとはこうなりました。

こどもちゃれんじ
幼児ポピー
  • こどもが喜ぶような付録がついているほうがいい
  • よりこどもに合う教材が選べるほうがいい
  • ひらがな学習やトイトレにエデュトイの力を借りたい
  • 中身はシンプルなドリルとワークだけでいい
  • とにかく安く受けさせたい
  • 休会制度を使う可能性がある
  • 上の子でこどもちゃれんじはやったことがある

こどもちゃれんじと幼児ポピーの違いについて解説しました。幼児教材が初めてのかたは、まずはメジャーなこの2つから選べば失敗することはありません。無料おためしもあるので、ぜひ検討してみてください。